◆会報第77号より-02 八幡古寺巡礼4

f0300125_273775.jpg
《歴探ウォーク》
八幡の古寺巡礼
― 第4回 男山山麓の寺を巡る(Part3) ―  

2016年12月 八幡市内 にて
高田 昌史 (会員)

 恒例となった歴史探訪ウォークの古寺巡礼は、昨年に引き続き「男山山麓の寺を巡る」Part3として、12月8日に第4回を実施しました。
 当日は46名と多くの方の参加がありました。その概要を報告します。

第4回古寺巡礼コースの概要

 f0300125_1142218.jpg八幡市駅前で受付をしてから、さざなみ公園の安居橋前に集合し、配布の「しおり」によるコースの概要説明と移動時の注意事項をお話してから出発しました。右図にコース図を示しましたが、今年の巡礼のコースは八幡市駅から近い東南方向の3古寺を巡りました。
全歩行距離は約2.5kmと短く訪問先の寺院での時間を十分確保できる見込みで、最初の訪問寺の法園寺に向かいました。

1.法園寺(律宗)

 f0300125_11594784.jpg安居橋前を出発してから、15分足らずで法園寺に到着です。法園寺では、法類の善法律寺松浦康昭住職が通用口を開けてお待ちいただきました。
 先ず境内で法園寺の概要説明をお聞きしました。
法園寺は鎌倉時代に建立された由緒ある寺院であり、現在境内の整備が行われています。法園寺は唐招提寺の末寺で、現在住職は壬生寺の松浦俊海貫主が兼務されています。現在工事中の表門は壬生寺の北門を移築されたと伺いました。(12月20日に完成)f0300125_1244873.jpg
 松浦住職からは、境内整備が完了しても国の重要文化財に指定されている本尊の「木造釈迦如来坐像」は、今後通常の公開予定はなく今回はあくまでも特別拝観であるとの説明がありました。実は、平成26年実施の第2回古寺巡礼では、法園寺を府道側のフェンス外から、遠くの収蔵庫の外観のみを見学しました。その時から御本尊の拝観をお願いしていたのですが、今回2年越しの念願が叶うことになりました。
 いよいよ、2班に分かれて松浦住職の案内で収蔵庫に入りました。f0300125_1273475.jpg収蔵庫内正面に安置の本尊「木造釈迦如来坐像」は、像の高さが87cmの檜材寄木作りで、大変立派な光背がありました。製作年代は正平16年(1361)ですから、今から650年以上前です。また、昭和9年(1934)の室戸台風で堂宇が倒壊して堂の下敷きになった本尊の胎内から多くの経文などが発見され、京都国立博物館に寄託されています。翌年の昭和10年には本尊と共にそれらの経文などは国の重要文化財に指定されました。
 また、収蔵庫には八幡宮の28代別当田中勝清(田中家初代)からの歴代の田中家の位牌をはじめ、南朝の公卿四条隆資、徳川家の位牌や豊蔵坊孝仍・孝叡など多くの位牌がありました。また、数枚の棟札も保管されていることがわかりました。
 収蔵庫内の拝観が終了後、わざわざ善法律寺から出向いていただいた松浦康昭住職にお礼を申し上げてから、次の訪問寺の正福寺に向かいました。

2.正福寺(浄土宗)

 f0300125_12163792.jpg正福寺では、秦文彦住職に出迎えていただきました。正福寺は「浄土宗三十六カ寺組の一つで、本尊は阿弥陀仏。本堂は科手町の薬師堂をこの地に移す。寺記には神原町に住む一瞬庵という者が、寛文2年(1662)に建立した趣が見える。開山は京都知恩寺の三十二代奉誉上人【慶長15年(1610)寂】である」と男山考古録に記されています。
 先ずは例会幹事が山門を入って右側の元禄3年(1690)に建立の「石清水八幡宮の灯籠」を事前調査した結果を記載したしおりにより説明しました。この灯籠の左面銘文は(護国寺寶前)です。
 次は、本堂左側の集合墓の見学をしましたが、集合墓の頂点近くに「興龍院(大河内秀元)」の墓が確認できます。大河内秀元のことは、男山考古録に詳しく載っています。それによると慶長2年(1597)の朝鮮の役に従軍して武功を上げて『朝鮮軍記』を書いています。その後、大坂夏の陣(元和元年:1615)では井伊家に仕え武功を上げ数年彦根に居住するが、正福寺近くの山路町に移り住み寛文6年(1666)に91歳で死去と記されています。
f0300125_1413246.jpg
 それから、集合墓の横の墓地にある八幡の歴史探究のバイブルといえる「男山考古録」著者長濵尚次の曾祖父(長濵友次)の立派な宝篋印塔(ほうきょういんとう)を見学しました。長濵家の墓は、他に番賀墓地及び神應寺にもあります。
 境内の見学終了後に、秦住職の案内により本堂で御本尊を拝観してから、ご住職の法話を拝聴しました。f0300125_12295944.jpg時々ジョークも交えての法話は大変解りやすくて、時間の経過を忘れるぐらいでした。北極星信仰から始まり、人の命は死んだらおしまいで無くて、後の世にゆくのであるなどの仏教の教えから、桜は散るに対して梅、椿、牡丹、菊、雪柳などの花は散ると表現しない。等々、今でもよく覚えています。法話の余韻を残しながら、最後の訪問寺の単伝寺に向かいました。

3.単伝寺(臨済宗)

 f0300125_1454040.jpg単伝寺では、近道になる北門を開けて石田副住職に出迎えていただきました。単伝寺のしおりには「今から二百年前に京都妙心寺の法類の瑞応単伝和尚が人々の不慮の災難を救うことを発願して、救苦観音を安置し祈祷修繕されたのが単伝寺再興の由来です。」と記されています。境内で石田副住職に単伝寺の概要説明を伺ってから、2班に分かれて本堂と大黒堂の参拝をしました。石田副住職は2箇所を行き来しての説明をされました。単伝寺は通称らくがき寺として広く知れ渡っています、
f0300125_14131421.jpg
 しかし、私はその由来は全く知りませんでした。説明では、単伝寺は、戊辰戦争で山門のみ残る被害にあい、先の大戦後の農地改革では寺領も無くなりましたが、先代住職の尽力により大黒堂を建てられ、その時にご寄付をされた方々に「願いごと」を書くようにと勧められたことが、らくがき(“願いごと”を壁に書くこと)の始まりであると伺いました。
 本堂の本尊「五大釈迦」前では、いろいろな説明をしていただき椅子に座り拝聴しました。f0300125_14182536.jpg
 また、境内の自由見学では山門横の比翼地蔵堂の約400年前に刻まれた縁結び2対の地蔵像(石仏)は、印象に残っています。
 この単伝寺境内で第4回八幡の古寺巡礼は、予定の時刻でもって解散としました。なお、八幡市駅方面に帰宅される参加者のために、近道になる山門を開けていただき有り難うございました。

おわりに

 連続4年になる「第4回八幡の古寺巡礼」は、お陰様で無事終了しました。
 今回巡った3寺は、宗派も違いいろいろなことを知ることができました。ご案内や説明いただいた3寺のご住職の方々には、改めて厚く御礼申し上げます。特に、法園寺の国の重要文化財指定「釈迦如来坐像」の特別拝観に関しては、善法律寺の松浦住職には収蔵庫内の事前確認及び当日の案内と大変お世話になり感謝致します。
 4回開催の八幡の古寺巡礼は、4年間で10寺院を巡りました。次年度も「古寺巡礼」を継続開催して、八幡の歴史を探究して行きたいと思います。これからも八幡の古寺に関する情報等がございましたらお寄せいただきたくお願いします。


<<< レポート一覧へ        次の《歴探ウォーク》レポートは⇒⇒

by y-rekitan | 2017-01-20 11:00 | Comments(0)
<< ◆会報第77号より-01 文殊菩薩像 ◆会報第77号より-03 古墳と鏡① >>