人気ブログランキング | 話題のタグを見る

◆会報第64号より-01 講田寺

◆会報第64号より-01 講田寺_f0300125_2034923.jpg
わが心の風景・・・(37)
講田寺
所在地 橋本平野山


 ◆会報第64号より-01 講田寺_f0300125_11541156.png橋本小学校から西へ百メートルほど行くと、橋本平野山という所に講田寺があります。
 古くは生津村(現伏見区)にありましたが、水害を避け、ここに移ったと言われています。
 本尊観世音菩薩を安置する曹洞宗の禅寺で、開山は明らかではありません。
 境内に地蔵堂があり、その中に安置されている「笑地蔵」には、次のような悲劇が伝えられています。
 その昔、淀川に架けられた橋が出水の度に流れるので、ついに人柱が立てられることになりました。人柱を誰にしようかと迷っている時、ある男が進言。その内容が男自らを選ぶことになってしまうのです。男の娘は深く嘆き、ものを言わない人になりました。
 やがて娘は尼となり、対岸の山崎に庵を結ぶのですが、歳月を重ねたある時、朽ちた橋の杭が水底から姿を現しました。娘はそれに地蔵尊を彫って供養。人々はこの地蔵を「笑地蔵」と呼び、水難除け、交通安全、安産などの御利益があるとして信仰を集めるところになりました。  (絵と文: 小山嘉巳)


<<< 連載を抜けてTOPへ        この連載記事の続きは⇒⇒

by y-rekitan | 2015-07-28 12:00
<< ◆会報第64号より-top ◆会報第64号より-02  長岡宮 >>